カードローンの審査に通りやすくなる時期はあるのか?

 

最近では1年365日いつでもオンライン申込みできるカードローンが多くなりました。

 

土日祝であっても、オンラインなら申込みすることが可能です。

 

しかし、カードローンには審査に通りやすくなる時期というものがあります。

 

高い属性を持っており、審査に自信のある方であれば、いつ申込みしても大丈夫でしょう。

 

しかし、属性が低くて審査に自信のない方は、時期を狙って申込みする方法もありです。

 

決算期が狙い目

多くの会社に決算期というものがあります。

 

会社には決算期までに目標を達成したい思惑があるため、商品だと安売りされることが多いです。

 

カードローン会社にも決算期があるため、顧客を増やして収益を伸ばそうとする傾向があります。

 

審査を厳しくしてしまうと顧客が増えないため、決算期は通常より審査に通りやすくなることがあるのです。

 

多くの会社で1Q、2Q、3Q、4Qの四半期決算となっています。

 

1Qは4月から6月まで、2Qは7月から9月まで、3Qは10月から12月まで、4Qは1月から3月までとなるのが基本です。

 

特に期末決算となる3月は、大きな狙い目となるでしょう。

 

期末決算が過ぎた後となる4月は、審査が厳しくなる傾向があるため、なるべく避けたいところです。

 

顧客の少ない時期

1年365日のうち、カードローンの顧客が少なくなる時期があります。

 

それはボーナスが支給された直後です。

 

会社によって異なりますが、ボーナス時期は6月と12月と年に2回あることでしょう。

 

ボーナス時期はお金に十分な余裕があるため、カードローンの必要性がなくなります。

 

カードローンの審査に自信のない方は、6月と12月のボーナス時期も狙い目となるでしょう。

 

逆にGWやお盆などの長期休暇は、お金が必要になる方が多くなるため、カードローンの審査が厳しくなりがちです。

 

なるべく長期休暇の時期は避けたほうが良いでしょう。

 

火曜から金曜までの平日

時期の他、審査に通りやすくなる曜日というものがあります。

 

土日の休日明けとなる月曜日には、カードローンへの申込みが増えることが多いです。

 

金曜日になると、休日を過ごすためのお金を借りたい方が増える可能性があります。

 

申込みが比較的少ない、火曜日から木曜日までの平日が狙い目です。

 

まとめ

カードローンの審査に通りやすくなる時期をご説明してきました。

 

決算期とボーナス時期が特に大きな狙い目となっています。

 

カードローンでキャンペーンを開催している場合は、その時期も比較的審査に通りやすくなるでしょう

 
このページの先頭へ戻る